製品について

Dolce&Gabbana Eau de Toiletteは、1992年にクリエイトされたメゾン初の香りです。フェミニティが凝縮された アイコンフレグランスとして親しまれています。 フローラルなアルデヒドのノートが、香りに大胆なコントラストを描き出します。シャープでありながらスイートで、穏やかさのなかに華やかさが秘められています。 神秘的で型にはまらないその香りは、真のクラシックなフレグランスとして、クリエイション以来広く愛され続けています。

ボトルデザイン

シンプルなフォルムが際立ったピュアなボトルデザイン。緋色の半透明キャップと、輝かしいゴールドボトムを合わせることで、そのたたずまいが魅惑的なコントラストに彩られます。同じく緋色のベルベット製コフレに収められたボトルは、地中海地方の女性がたたえる強さと、情熱にあふれたフェミニティを表現しています。

トップノート

最初に、あふれるような柑橘類とアロマティックなノートが感じられます。ジューシーなマンダリン、はじけるような魅惑のベルガモット、そしてビターオレンジのノートが、鮮烈なアルデヒドで称揚されています。

コアノート

アルデヒドによって、フローラルなコアノートがまばゆい輝きで包み込まれます。オレンジフラワー、スズラン、そしてソフトでスパイシーなカーネーションの花々が咲き誇ります。

ベースノート

スパイシーなコリアンダーのノートが、流麗なフラワーノートをピリッと引き締め、リッチでウッディな印象のパチョリの香りへと移行します。ここに、バニラ、トンカビーンズ、ムスクが合わさり、スィートなバルサム香に昇華されます。